船橋のアパート・マンションなど賃貸物件・不動産について

白い扉が開いている

船橋は、東京都内へのアクセスが容易で、東京のベッドタウン化しているエリアです。さまざまな面で注目される船橋は、全国的にも高い知名度を誇っています。

船橋と東京都心の関係

東京の街

南北に長い船橋市は、南側と北側で異なる魅力を持つ都市です。そんな全国からも注目される船橋。今回は東京に直結する南部エリアを、不動産的観点から、その魅力をご紹介します。

市の中心地・船橋駅は、東京湾に近い市南部に位置しています。湾岸は現在、工場地帯になっていますが、昔から船橋は漁業が盛んで、現在でも多くの人が漁業を営んでいます。船橋と東京都はいくつかの鉄道により結ばれています。東京駅にもっとも早くアクセス可能な「総武快速線」。秋葉原や新宿を通り、三鷹まで走る「中央・総武緩行線」。この2本のJR線が、東京と船橋を強固に結んでいます。東京駅までの所要時間は約30分。新宿までは約50分です。

東京23区内であれば、多くのエリアに1時間以内でアクセス可能な船橋ですから、東京に仕事場を持つ人が注目しないはずがありません。実際、船橋に住む多くの人々が、東京へ通勤しています。

また、船橋駅の西どなりに位置する西船橋駅からは、東京メトロ東西線を利用可能です。東西線は西船橋から東京湾岸、そして都心部を横断し中野駅までを結ぶ路線。東西線を利用すれば東京の官公庁街へもダイレクトでアクセス可能です。

ふたつのターミナル・船橋駅と西船橋駅

西船橋駅構内

船橋にはふたつのターミナル駅があります。すでにご紹介しましたが、JR総武線の快速列車が停車する船橋駅と、東京メトロ東西線が乗り入れる西船橋駅です。

船橋駅周辺の街並み

船橋駅は、総武快速線の停車駅で、船橋から東京都内を最速で結ぶ電車です。その他に総武・中央緩行線(各駅停車)が東京方面に直結。さらに埼玉方面と船橋を結ぶ東武野田線が乗り入れているため、船橋駅は常に人通りの多い駅です。

船橋駅北口は住宅街に隣接したショッピングエリア

船橋には駅直結のショッピングセンターがあります。船橋駅直結の「東武百貨店」には、多くのショップや飲食店が入居しています。北口ロータリーをはさんで、やはりショッピングセンターの「イトーヨーカドー」があります。船橋駅北口周辺は買い物には困らないエリアだと言えるでしょう。駅から少し離れると住宅街になっていて、公園も整備されているため、船橋駅周辺で賃貸物件を探すのであれば、このエリアは有力な候補となります。

船橋駅南口は飲食店が建ち並ぶ繁華街

船橋駅南口は、ひと言で言えば商店街。居酒屋などの飲食店やカラオケ店などが多いエリアです。「古い横丁の飲み屋街」といった雰囲気の場所もあり、好きな人には堪えられない場所です。夜の賑わいは格別のものがありますが、酔客や客引きの姿も目立ち、こういった点は気になる人もいるかもしれません。ただ、居酒屋が立ち並ぶ界隈は、何か昭和を感じさせる下町。北口と南口の対照的なキャラクターは、船橋の大きな魅力といって間違いないでしょう。

船橋駅南口は、京成線の京成船橋駅との連絡通路の役割を果たしています。「船橋FACE」などのショッピングセンターもあります。南口は、路地裏も含め、エリア一帯が賑やかですが、しばらく歩くと賃貸アパートやマンションが目立つようになってきます。付近には保育園や小学校、公園もあります。この辺りまで来ると十分に住みやすいエリアだと言えます。

西船橋駅周辺の街並み

西船橋駅は、総武快速線は停車しないものの、総武線各駅停車、東西線や武蔵野線、京葉線、そして東葉高速線が乗り入れているターミナル駅です。船橋駅同様、東京へのアクセスが便利な駅ですが、違いを生むのは東西線の存在でしょう。浦安など湾岸部を通り東京へと向かう東西線は、東京湾岸エリアと東京の官庁街を横断するように東西を貫きます。これらのエリアに直接アクセスすることのできる西船橋が、東京に通勤する多くの人々に注目されるのは当然のことでしょう。東西線は混雑することで知られる路線ですが、ターミナル駅の西船橋からなら、運が良ければ座れることもあります。

西船橋駅北口は賑やかな繁華街

多くの路線が乗り入れるターミナル・西船橋駅は、ひじょうに利用者の多い駅です。それにもかかわらず小さくまとまっている。それが西船橋という街です。

西船橋駅には船橋駅同様、駅直結のショッピングセンターがあります。「ペリエ西船橋」には飲食店や雑貨店、コスメショップなどが入っています。24時間営業のスーパーマーケットも入っていて、いつでも食料を調達できるのは一人暮らしの方にとってはありがたいのではないでしょうか。

北口はバスターミナルになっていますが、その周辺には飲食店やカラオケ店、キャバレー、風俗店などが建ち並んでいます。客引きの姿も見かけられますので、この辺りは、住居としてはあまり適さない雰囲気です。また、バスターミナルを超えて千葉街道へと向かう道は商店街となっていて、多くの居酒屋が並ぶ賑やかなエリアとなっています。

千葉街道を越えると、雰囲気は一変して住宅街としての顔を見せ始めます。この辺りまで来ると京成本線の「京成西船駅」も利用することができます。京成本線は東京・上野と成田空港を結ぶ路線。京成線は都営地下鉄、京浜急行と相互乗り入れを行っているので、品川、羽田空港、横浜方面へのアクセスも抜群です。総武線と京成線がどちらも利用可能な西船橋駅北側の住宅街は、交通の面では、正に万能と言えるエリアでしょう。

マンションが多い西船橋駅南口

西船橋駅南口には、バスターミナルのような開けたスペースはありません。スーパーマーケットとドラッグストアがあって、とても便利です。

また、南口にも飲食店や居酒屋はありますが、北口とはまったく雰囲気が違います。駅から徒歩数分の距離からマンションが立ち並んでいます。

意外なことに、と言っては失礼かもしれませんが、西船橋南口には塾が多く、繁華街というイメージのほかに、アカデミックなイメージもある街です。夕方から夜にかけては、塾に通う子供たちの姿も目立ちます。

南口方面は、中規模のスーパーマーケットが数軒あります。周辺はマンションが多く建ち並んでいますので、「生活を送る」ことを考えると、駅南側に軍配が上がります。

船橋・西船橋周辺の治安について

公園のベンチに座る着ぐるみ

不動産、賃貸物件探しとなると、必ず出てくるのが治安に関する話です。船橋市の中心地である船橋と西船橋周辺には、繁華街が広がっています。居酒屋などの飲食店のほか、キャバレーや風俗店なども多く、あちらこちらに客引きの姿があります。このような雰囲気を考えると、

「ファミリー向けではない」
「シングルの女性が住む場所ではない」

という声が聞こえてくることもあります。

しかし、風俗店やラブホテルなどがあるといっても、それはエリアの一部だけ。船橋は南口、西船橋は北口に繁華街が広がっていますが、それぞれ反対側には住宅地が広がっています。以前よりも宅地エリアは広がっていますので、繁華街近くに住みたくないという方向けの選択肢も増えてきています。

また、船橋や西船橋周辺は、治安を懸念する人が多い一方で、犯罪発生件数はそれほど多くありません。並です。

船橋中心部は交通至便、生活必需品のそろった便利な街

船橋駅

船橋の中心部、船橋駅と西船橋駅周辺の特徴についてご紹介しました。多くの鉄道が通る両駅は、東京都内へのアクセスがかんたんで、今後も都内へ通勤する方が増え続けると考えられます。風俗店なども一部には見受けられますが、特にこのエリアにて犯罪が多く起きているということはありません、マンションなどの賃貸物件数も多いことから、ますます船橋の注目度が上がって行くのではないでしょうか。